太陽光発電A to Z 太陽光発電を解説しています

シャープの太陽光発電が安い理由

シャープは太陽光発電業界のトップメーカーで、太陽電池の生産量では世界一であり、国内でも導入実績トップとなっています。
シャープの太陽光発電システムが人気の理由は「コストパフォーマンスの良さ」です。
コストの安い多結晶シリコン太陽電池の採用と徹底した無駄の排除により、価格の安さを実現しながら技術革新により性能の向上も実現しています。
多結晶シリコン太陽電池とは単結晶シリコンの断片などを寄せ集めて鋳造したシリコン(多結晶シリコン)を原料とした太陽電池のことです。
元々、太陽電池の原料には単結晶シリコンが使われてきました。
これはたくさんの結晶が一直線にきれいに並んでいるもので、電気的なロスが少ないため変換効率に非常に優れているという特徴があります。
しかし、単結晶シリコンの製造コストは非常に高く、民間用の太陽光発電システムに採用してしまうと価格が高価になってしまいます。
そこで新しく作られたのが多結晶シリコンです。
これは上記のように単結晶シリコンの断片などを鋳造したもので非常に安いコストで製造することができます。
これによって太陽光発電システムの価格が大幅に下がったため、民間にも多くの太陽光発電システムが普及するようになりました。
これがシャープの太陽光発電が安い理由の一つです。
ただし、単結晶シリコンのように結晶がきれいに並んでいないため電気的なロスが大きく、変換効率では劣ります。
しかし、この点も技術的な進歩によって徐々に解消されてきています。
変換効率については未だに単結晶シリコンには及びませんが、それでも以前と比べるとかなり改善されてきており、決定的な性能差とは言えなくなってきています。
この性能差は価格の安さで十分にカバーできるレベルと言えます。
また、シャープの太陽光発電システムは低価格化のためにパワーコンディショナーと接続箱、そして昇降機が一体になっています。
これにより部品の数を減らして更なる低価格化を図るともに、省スペースも実現していて、利便性も高くなっています。